「休刊するのは逃げ」『新潮45』に寄稿した松浦大悟氏がLGBT当事者として感じるディスコミュニケーション(AbemaTIMES)

阿妻式恋愛眼力トレーニングのネタバレと体験談

株式会社夢丸の
阿妻式恋愛眼力トレーニングが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:松浦大悟氏

新潮社が25日、公式サイトで『新潮45』の“休刊“を発表した。同日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、同誌10月号の特集企画『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』に寄稿した7人のうちの1人、松浦大悟・元参議院議員に話を聞いた。

【動画】松浦大悟氏を招いての議論の様子

 自身もゲイであることをカミングアウトしている松浦氏は、事実上の“廃刊“とみられる今回の判断について「残念だ。LGBTから抗議を受けたからといって休刊するのは逃げだと思う。蓋をして終わりにして、差別の解消になると言えるのだろうか。やはり言論には言論で、正面から議論すべきだったと思う」と話す。

 その上で、特集企画に寄稿したことついて「依頼を頂いた時に言われたのは、“杉田発言に対する意見を書いてください“ということ。編集権は編集部にあるので、タイトル(「特権ではなく『フェアな社会』を求む」)も編集部がつけたもの。こういう特集になることは知らなかった。後で編集長に聞いた話では、リベラル系の学者にも声をかけたが、断られたということだった。色々な人に声をかけたが書いてもらえず、蓋を開けてみたらああいうメンバーになっていたというのが実情だと思う。私はリベラル派の人こそ書いて、『新潮45』の読者に言葉を届けないといけなかったと思う。そこから逃げて、自分たちのテリトリーの中で“杉田議員ってひどいよね““そうだよね“と言い合って溜飲を下げているだけでどうするんだと。それではコミュニケーションが全然取れないではないか」とした。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です