休刊、「臭いものにふた」では 炎上商法、出版界全体の問題 「新潮45」巡りLGBT当事者(朝日新聞デジタル)

【セフレ自然増殖】セックス大好きな肉食系女子のみをターゲットにしたセフレ構築術【半年以内に5人の女性とSEXできなければ全額返金】のネタバレと体験談

加藤 実の
【セフレ自然増殖】セックス大好きな肉食系女子のみをターゲットにしたセフレ構築術【半年以内に5人の女性とSEXできなければ全額返金】が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:松浦大悟さん

LGBTを巡る寄稿や企画が批判され、休刊を決めた新潮社の月刊誌「新潮45」。8月号に自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」を掲載して批判を浴び、10月号の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」で、さらにその声が強まった。LGBTなど性的少数者の当事者からは、休刊という判断をめぐり、様々な声があがっている。▼オピニオン面=社説、文化文芸面=過激化の果て

 「臭いものにふたをしようという思考停止だ」。ゲイだと公表している元参院議員の松浦大悟さん(48)は休刊について、こう批判する。……
本文:1,401文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です