災害時の活用に期待‥雨でも飛行可能なドローンを寄贈 愛知・豊川市(CBCテレビ)

HeartBrain合資会社の3人のセミリタイア大家が伝える「不動産投資 パーフェクトスタートガイド」購入者が言う実際の評判

HeartBrain合資会社の
3人のセミリタイア大家が伝える「不動産投資 パーフェクトスタートガイド」に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

雨に弱いとされるドローン。

 しかし、愛知県豊川市に、27日、寄贈されたのは、悪天候でも飛べるドローンでした。

 災害時での活躍が期待されます。

 これが、その「全天候型ドローン」。

 防水、防じん構造で雨などの悪天候でも飛行できます。

 価格は、およそ400万円です。

 自動車部品大手の「東海理化」が、創立70周年を記念して、生産拠点がある愛知県豊川市に、1機を寄贈しました。

 豊川市は、去年、災害時にドローンで情報収集する部隊を結成し、32人の職員が所属していますが、雨の中での情報収集が課題でした。

 寄贈されたドローンは、30倍のズームカメラや温度を感知する赤外線カメラを搭載し、悪天候で視界が悪い時でも、人を見つけることができます。

 台風やゲリラ豪雨などの自然災害が相次ぐ中、豊川市は、このドローンを災害時の救助活動や被害調査などに活用していく方針です。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です