なし崩し・檄…使い方変化 ほぼほぼ、10・20代に浸透 文化庁の国語調査(朝日新聞デジタル)

[セット版]キャバ嬢スナイパー&合コンスナイパー&スナイパーメールをつくったプレストエージェンシー 株式会社の真実!ネタバレとレビュー

プレストエージェンシー 株式会社さんがつくった
[セット版]キャバ嬢スナイパー&合コンスナイパー&スナイパーメールがいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:「ほぼほぼ」年齢別浸透度

借金の「なし崩し」は「なかったことにする」なのか。「ほぼほぼ」の浸透度は――。文化庁は25日、2017年度の「国語に関する世論調査」を発表。そんな言葉の使われ方の変化や新しい言葉の広がり具合が明らかになった。

 調査は今年3月に実施。16歳以上の男女2022人が回答した。初めて尋ねた「なし崩し」では、「借金をなし崩しにする」を例文に挙げたところ、本来の意味とされる「少しずつ返していくこと」と答えたのは19・5%で、「なかったことにすること」と答えた人が65・6%にのぼった。
 「檄(げき)を飛ばす」は、本来の「自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること」が22・1%、「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」が67・4%。……
本文:1,208文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です